ホーム

プロフィール

活動情報

ネットいじめ

事例紹介

心理テスト

お問い合わせ

リンク

ブログ

« 子どもの暴言の受け止め方【1】 | メイン | 子どもの暴言の受け止め方【2】 »

2018年03月29日

このような家族は不登校の子を生みやすい

 夫婦関係が悪い、家族の誰かが亡くなる、過干渉、放任、父性が乏しい、母性が乏しい、母子関係が強すぎる、兄・姉の非行・不登校・ひきこもり、親が異常に学歴・世間体にこだわる、親が宗教熱心な信者、定職に親がつかない、失業、転勤が多い、厳格な親、威圧的な親、神経質な親、過保護な親。

このような親や兄弟は、こどものエネルギーをどんどん吸い取り、不登校の子を生みやすい。

また、リストラが吹き荒れる中で、若い父親たちは一番きつい労働を担い、父親に余裕がなくなっている。

母親が、夫にストレスや苛立ちを感じ、両方の許容量が小さくなり、子どもの精神状態に大きな影響が出ている。

家族で会話がない、怒鳴り合いや言い合いが多いなど、子どもはいつも不安状態でいる。

子どもの傷ついた心を回復することができる場所は、家庭でしかない。

学校に行けない子どもに対し、無理に学校に行かせることは、「もうひとつの虐待」である。

自分たちのやっていることが、子どもに対する虐待だと自覚している人はほとんどいない。「教育」という名のもとで行われている虐待だと自覚しなければならない。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
次回は千葉にて特別教育講座を開催致します。
詳細は下記の日程よりご確認ください。(PDFデータとなります。)
 お問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

 2018年4月21日(土)千葉
   「児童心理カウンセラー養成講座」

 2018年4月28日(土)神戸
   「児童心理カウンセラー養成講座」

活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 2018年03月29日 17:11

ページのTOPへ戻る