ホーム

プロフィール

活動情報

ネットいじめ

事例紹介

心理テスト

お問い合わせ

リンク

ブログ

« 2016年03月 | メイン |2016年05月 »

2016年04月29日

本日の講演:福島県立会津農林高等学校【福島県】

 テーマ:インターネット利用の注意点

 対象:生徒・保護者・教員の方

 主催:福島県立会津農林高等学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
次回は名古屋にて特別教育講座を開催致します。
詳細は下記の日程よりご確認ください。(PDFデータとなります。)
 お問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

 2016年5月22日(日)名古屋
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」

 2016年6月12日(土)名古屋
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」


 2016年6月18日(土)松山
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」

 2016年6月19日(日)松山
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」


活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:03

2016年04月28日

音楽

 音楽は脳の自律神経に直接働きかけます。

モーツアルトの曲には、人間の脳と内臓をリラックスさせる効果があります。

お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんが聞こえている音に近い周波数がモーツアルトの曲には豊富に含まれています。(8000ヘルツの周波数)

血圧が高い人も、モーツアルトの音楽を30分聞いていると、安定してきます。

更に、何気なく聞くのではなく、意識的に集中して聴くと更に効果があります。

1日30分、是非、毎日、チャレンジしてみてください。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
次回は名古屋にて特別教育講座を開催致します。
詳細は下記の日程よりご確認ください。(PDFデータとなります。)
 お問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

 2016年5月22日(日)名古屋
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」

 2016年6月12日(土)名古屋
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」


 2016年6月18日(土)松山
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」

 2016年6月19日(日)松山
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」


活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:00

2016年04月27日

エルマ・ゲイツ博士の実験

 アメリカの心理学者エルマ・ゲイツ博士は人間の吐き出す息を冷却したガラス管に集め、液体空気で冷やして出来る沈殿物について実験しました。

怒っている時は、栗色で、悲しんでいる時と苦しんでいるときは、灰色、後悔して苦しんでいる時は,淡紅色の沈殿物が出来ました。

栗色の沈殿物を水に溶かし、ねずみに注射したところ、わずか数分でねずみは死んでしまいました。

もし、1人の人間が1時間腹を立てていると80人の人間を殺すことが可能な毒物が発生するのです。

人間の血液も、怒ると黒褐色で渋くなります。

悲しむと茶褐色で苦くなります。

恐れると紫色ですっぱくなります。

健康であるためにはいつもニコニコ笑顔でいることが大切です。

怒り・悲しみ・苦しみ・憎しみは、周囲にも迷惑をかけ、自分自身を一歩一歩追い詰めていきます。


 心からの笑顔は、まわりを幸せにします。

イライラやため息は周りの人を不快にします。

表情は言葉以上に周りに影響を与えます。

いつもイライラしている人は、身体の具合がいつも悪く、病気になりやすい。

私たちは、酸素を吸い込んで生きています。

その酸素が全身に流れているのです。

自ら作った悪い酸素が身体中にいきわたるのですから恐ろしいことです。

酸素との関連や、自らつくった化学物質が血液の色の構成まで変えてしまいます。

それによって身も心も傷ついてしまいます。

ひきこもりの子どもがいると、窓も、カーテンも閉め切ったままで、空気の入れ替えをしないので、家族全体で後悔したり、苦しんでその空気を吸っていると家族全員の調子もおかしくなってしまいます。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
次回は名古屋にて特別教育講座を開催致します。
詳細は下記の日程よりご確認ください。(PDFデータとなります。)
 お問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

 2016年5月22日(日)名古屋
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」

 2016年6月12日(土)名古屋
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」


 2016年6月18日(土)松山
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」

 2016年6月19日(日)松山
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」


活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:56

2016年04月26日

仮面

 普段は、まじめな青年が万引き行為を起こす。

普段はまじめな会社員が暴力事件を起こす。

普段はまじめな警察官が覚せい剤に手をそめる。

普段はまじめな裁判官が、中学生と援助交際をする・・・。

普段と言う言葉が頭につくと、「まさか」とか「以外」という感じをうけるかもしれないが、そうではない。

学校や職場で見せているのは表向きの人格である。

営業マンは営業マンの仮面、芸能人は芸能人の仮面、OLはOLの仮面を被って社会生活を送っている。

 しかし、その仮面は、職場を離れると外すことが出来る。

仮面をはずした状態が「普段」なのだ。

その一方で仮面を被り続けなければならない職業がある。

教師であれば、職場を離れても教師として振舞わなければならず、警察官は警察官として振舞わなければならない。

振舞うというのは、教師や警察官としての職務を果たせばいいというものではない。

まじめ、誠実といった、その職業のキャラクターとして定められた「人格」を演じ続けなければならない。

当然、素顔と仮面にはギャップがある。

ギャップが大きいほど、ストレスは溜まる一方である。

「普段はまじめな・・・」が起こす犯罪は、そのストレスが爆発した姿である。

仮面を外したときにうまく発散できることがあれば、ストレスを溜めずに順調な日々をおくることが出来る。

みんな仮面を被って生きている・・・・。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
次回は名古屋にて特別教育講座を開催致します。
詳細は下記の日程よりご確認ください。(PDFデータとなります。)
 お問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

 2016年5月22日(日)名古屋
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」

 2016年6月12日(土)名古屋
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」


 2016年6月18日(土)松山
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」

 2016年6月19日(日)松山
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」


活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:53

2016年04月25日

匂い

人は匂いに敏感です。

いくらステキな人でも、口臭が酷ければ、それだけで幻滅してしまいます。

匂いは、人の精神状態に微妙に影響します。

夜寝むれない人は、寝室にラベンダーやカモミール、ライムなどの香りのアロマテラピーが有効です。

うつ状態で、不安定なときは、ネロリ。

腹が立って仕方がないときは、ペパーミント。

前向きな気持ちになれないときは、オレンジ。

精神バランスが崩れているときは、ローズマリーやローズウッドのアロマテラピーの香りでリラックス状態を作りましょう。

自律訓練法を併用すると更に効果覿面です。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
次回は名古屋にて特別教育講座を開催致します。
詳細は下記の日程よりご確認ください。(PDFデータとなります。)
 お問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会

 2016年5月22日(日)名古屋
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」

 2016年6月12日(土)名古屋
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」


 2016年6月18日(土)松山
   「不登校対応アドバイザー養成講座」
   「アートセラピスト養成講座」

 2016年6月19日(日)松山
   「ネットいじめ・ネット犯罪対応士養成講座」


活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:41

2016年04月23日

本日の講演:千葉日本大学第一中学校・千葉日本大学第一高等学校【千葉県】

 テーマ:子どもたちを取り巻くネット環境

 対象:保護者・教員の方

 主催:千葉日本大学第一中学校・千葉日本大学第一高等学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:04

2016年04月22日

本日の講演:湘南学院高等学校【埼玉県】

 テーマ:インターネット利用の注意点

 対象:生徒・教員の方

 主催:湘南学院高等学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:49

2016年04月21日

本日の講演:川口市立県陽高等学校【埼玉県】


 テーマ:インターネット利用の注意点

 対象:生徒・教員の方

 主催:川口市立県陽高等学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:53

2016年04月20日

強迫神経症(2)

 強迫症状を治すには、認知行動療法と薬物療法の併用が効果的である。

人の不安は時がたてば、必ず、薄れていく。

例えば、失恋を例にあげても、別れたその日は、パニック状態になっていたとしても、時がたてば、まったく気にならなくなったり、我慢できるようになっている。

強迫症状の治療は、これまで、避けていたことにあえて立ち向かい、不安であっても今までしてきた強迫行為は、絶対にしないことから始まる。

かなりの苦痛と不安を伴い一時的に不安と苦痛がピークに達するが、ピークを過ぎると少しずつ安定してくる。

これは、中途半端にやらないことが大切である。

また、かなりの苦痛と不安を伴う為、薬物療法との併用が望ましい場合もある。

クロミプラミンとSSRIは、日本で許可を受けている強迫性障害の治療薬である。

強度の強迫症状は薬物療法だけで治ることはないので、認知行動療法を取り入れた精神科に入院して徹底してやっていくことが、一番よいと思われる。

もしくは、実績のある心理カウンセラーのもとで徹底してやっていくことが必要である。

大事なことは、少し良くなったからと途中で止めたり、中途半端に行わないことだ。

不安が完全に下がるまで続けることが大切だ。

中途半端なことをやると必ず悪化してしまう。

どんなによい治療法でも使い方を誤まると症状は、より悪化してしまうので、必ず、専門家の指示をうけながら対処していくことをすすめる。

安川も極度の強迫神経症の子どもたちのカウンセリングに携わってきたので、家族の中で強迫神経症で悩んでいる人がいる場合は、一度、電話で相談してください。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:50

2016年04月18日

本日の講演:とわの森三愛高等学校【北海道】

【1】
 テーマ:インターネット利用の注意点
 対象:生徒・教員の方
 主催:とわの森三愛高等学校

【2】
 テーマ:子どもたちを取り巻くネット環境
 対象:保護者・教員・教育関係者の方
 主催:とわの森三愛高等学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 13:31

2016年04月16日

本日の講演:さくら市立氏家中学校【栃木県】

 テーマ:インターネット利用の注意点

 対象:生徒・保護者・教員の方

 主催:さくら市教育委員会事務局学校教育課


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:45

2016年04月14日

本日の講演:共立女子中学校【東京都】


 テーマ:子どもたちを取り巻くネット環境

 対象:生徒・教員の方

 主催:共立女子中学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:00

2016年04月12日

本日の講演:日本大学柏高等学校【千葉県】/共立女子中学校【東京都】

【午前】
 テーマ:インターネット利用の注意点
 対象:生徒・教員の方
 主催:日本大学柏高等学校

【午後】
 テーマ:インターネット利用の注意点
 対象:生徒・教員の方
 主催:共立女子中学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:19

2016年04月11日

不安定な心

 いつも何かに不安を感じ、人生を悲観的に考えている人は、

心に余裕がなく、精神のバランスが崩れ、

ちょっとしたことでヒステリーに怒ったり、寝むれなくなったり、

食欲がなくなったりして体調も悪くなってしまいます。

ひきこもりの子どもが立ち直るには、まず、両親の精神状態が安定していることが大前提になります。

親の精神状態を安定させる為には、まず、規則正しく、朝、昼、晩に栄養バランスの取れた食事を取り、適度の運動を毎日繰り返すことが大切です。

また、漫才などのビデオを借りて、1日1回は心から大笑いすることが大切です。

夫婦そろって精神状態が安定していることが大切なので、夫婦でも、毎日、会話をしてお互いにアイディアを出し合い、同じ考えで子育てをすることが大切です。

夫婦でお互いに不満を持っている間は、子どもの精神状態はいつまで経っても安定しません。

子どもの事で悩む前にまずは・・・。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。

投稿者 yasukawa : 08:16

2016年04月09日

本日の講演:千葉日本大学第一高等学校【千葉県】

 テーマ:インターネット利用の注意点

 対象:生徒・教員の方

 主催:千葉日本大学第一高等学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:32

2016年04月08日

本日の講演:福島県立平商業高等学校【福島県】

 テーマ:インターネット利用の注意点

 対象:生徒・保護者・教員の方

 主催:平商業高等学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:17

2016年04月07日

ひきこもりの子どもの自立

 ひきこもりの子どもを自立させる為に、一人暮らしをさせることが良いと言う考えもありますが、十分注意が必要です。

出来るだけ、少人数の下宿など、アットホームな雰囲気があるところのほうが良いでしょう。

まったくの一人暮らしだと、今と変わらない生活が続いてしまう可能性も高いです。

また、かなりの危険もともないます。

若者の自立を支援する施設がありますが、1年以上は、社会に出るための準備期間が必要です。

注意しなければならないのは、強制的に連れて行くような施設は、かなり問題がある。と言うことです。

やはり本人の意思で施設に入りたい。

変わりたいと思うことが重要です。

施設に相談すれば、自宅まで足を運んで、何度も子どもと話をしてくれるところもあります。

ただし、幻聴、幻覚があったり、自殺未遂を繰り返すなどの症状がある場合は、出来るだけ詳しく紙にまとめた上で、入院設備のある精神病院に電話をかけ、家族相談にのってもらえる場合は夫婦で病院に出向き相談にのってもらいましょう。

その上で対策を考えていく必要があります。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:19

2016年04月06日

本日の講演:学校法人平山学園 清林館高等学校【愛知県】

 テーマ:インターネット利用の注意点

 対象:生徒・教員の方

 主催:学校法人平山学園 清林館高等学校


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:57

2016年04月05日

ひきこもりの子どもを持つ親

 ひきこもりの子どもを持つ親にとって、子どもを自立させたいのは、自分たちがホッとしたいからですか?

世間体が気になるからですか?

家計が苦しいからですか?

老後は子どもに面倒を見て欲しいからですか?

自分たちが死んでから、誰も子どもの面倒を見てくれる人がいなくなるからですか?

子どものことであれこれ悩む前に、まず、親自身が毎日を明るく、いきいきと充実して過ごすことが大切です。

また、ひきこもりは子どもだけでなく夫婦の問題です。

お互いに相手まかせにしたり、相手のせいにしたりせず、2人の力をあわせて悪戦苦闘してください。

力をあわせて物事に立ち向かえば好結果につながります。諦めは何も生みません。

夫婦お互いを思いやる気持ちもいつも持ち続けてください。

今の試練を乗り越えたときに本当の幸せが待っています。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:55

2016年04月04日

あなたの脳は右脳型?左脳型?

指を組んでください。

右の親指と左の親指のどちらが上にきましたか?

腕を組んでください。

右と左のどちらの腕が上にきましたか?


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


①両方とも左が上の場合

 ・・・完全右脳型人間、自由奔放でクリエィティブ。気持ちのいいこと、きれいなものを好む。自分の振舞い次第で周りから注目される自分自身のことも熟知している。


②両方とも右が上の場合

 ・・・完全左脳型人間、自分の正しいと思うことは、周りの言葉に耳を傾けず突進してしまう。融通性に欠けるところもある。


③左指が上、右腕が上の場合

  ・・・どんな事にも器用な反面、突出した面がなく、こぢんまりとまとまってしまう傾向がある。


④右指が上、左腕が上の場合

  ・・・トイレのスリッパを履いたまま、レストランに行ってしまうような天然ボケで多くの人の注目を集めることが出来る。


あなたは、どのタイプでしたか?

投稿者 yasukawa : 08:52

2016年04月01日

 視線や目の動きに人の心理は表れる。

相手の目を見ないで話す人は、自分が相手にどのように思われているか?を気にするあまり、視線を合わせることが出来ない。

極端にその傾向が強ければ、対人恐怖症、視線恐怖症といえる。

話の途中で目をそらす場合は、本心を見抜かれたくない心理の表れだ。

また、人間は、何かごまかしたいときは、無意識に目元をこする傾向がある。

瞬きの回数がかなり多くなってきた場合は、相手を恐れていて、視線を外すことが出来ないジレンマから、自然と瞬きの回数も増える。

また、人は嘘をつくとき、視線を一瞬、右上にそらすことが多い。

左脳は意識的に考えて何かを覚える能力だが、神経が交差しているため、右脳は左半身を、左脳は右半身を司っている。

嘘をつくとき、人は事実とは違うことを意識的に組み立てているので左脳が活発に働き、視線も自然と右上にいってしまうのだ。


▼ ▼ ▼ お知らせ ▼ ▼ ▼
 活動情報はこちらからもご覧いただけます。


投稿者 yasukawa : 08:46

ページのTOPへ戻る