ホーム

プロフィール

活動情報

ネットいじめ

事例紹介

心理テスト

お問い合わせ

リンク

ブログ

« 2009年04月 | メイン |2009年06月 »

2009年05月29日

笑い

 笑いは人々が幸せに生きることを支えます。

また自己治癒力を高め、病気を予防することにもつながります。

相手を笑わせるにはまず自分が笑うこと。

安心を与えるには、まず自分が安心を確信する必要があります。

投稿者 yasukawa : 09:18

2009年05月28日

小中学校ケータイ持込禁止

 小中学校にケータイの持ち込みを禁止するのは、ケータイは勉強には関係がないものだからです。
(漫画やゲームの持込を禁止しているのと同じです)

しかし、ケータイ持込を禁止してもネットいじめは減りません。

子どもたちが、プロフや学校裏サイトで誹謗中傷などを書き込むのは、自宅に帰ってからです。

学校の先生方は、学校に持ち込み禁止になったからケータイに関するモラル教育は必要ないなどと言う先生が増えていますが大間違いです。

小中学校でしっかりとしたモラル教育を受けていない子どもたちが高校になってケータイを持った場合、高校になってから犯罪に巻き込まれたり、いじめの被害者、加害者になることが多いです。

ケータイは悪ではありません。

非常に便利な道具です。

しかし、使い方を間違ってしまうと凶器になってしまいます。

包丁と同じです。(包丁は人を刺す為の道具ではありません。料理をするための道具です。)

被害者にも加害者にもならないための教育も学校や家庭でしっかりとしていく必要があるのです。

投稿者 yasukawa : 09:30

2009年05月27日

なぜケータイを持たせるのか?

 親になぜ子どもにケータイを持たせるのかを聞くと、子どもと何かあったときにすぐに連絡を取りたい、子どもの帰りが遅いときはケータイがないと不安・・・などと言う親が多いです。

確かに親の気持ちになるとよくわかります。

親にしてみれば子どもを守るためにケータイを持たせていると思い込んでいるのです。

しかし、フィルタリングをかけなければ、逆に子どもを危険な目にあわせるためにケータイを持たせることになりかねないのです。

投稿者 yasukawa : 09:29

2009年05月26日

ケータイ依存になり、家庭での会話がなくなると・・・

 フィルタリングをかけずに、ケータイ依存になり家庭での会話がなくなると、当然、人の気持ちがわかる子どもには育ちません。

また、子どもにケータイで何をしているかを聞くと、子どもの機嫌が悪くなったり、無視されたりするので、見てみぬふりがはじまります。

親の言うことも聞かなくなり、トラブルに巻き込まれたり、ネットいじめの被害者や加害者になるケースも多くなります。

ケータイ片手に勉強する子も多いです。もちろん成績は目に見えて落ちてきます。

投稿者 yasukawa : 09:29

2009年05月25日

ケータイ依存度チェック

次のうちあてはまるものは何個ありますか?

  1.利き手と逆の手でいつもメールを打つ
  2.メールをやり始めると止まらなくなる
  3.カバンにはいつも充電器をいれている
  4.圏外になると不安で仕方なくなる
  5.電車やバスの中ではケータイをいつもさわっている
  6.絵文字、顔文字、テンプレートを使っていつもメールは送る
  7.歩きながら、自転車に乗りながらメールをしたり、ネットを見ることが多い
  8.充電器につないでないとすぐに電池切れになる
  9.メールをしたり、ネットを見ながら食事をすることが多い
 10.お風呂にケータイを持ち込む、もしくは脱衣所にケータイを持ち込む
 11.フィルタリングはかけていない
 12.ケータイを忘れて出かけたときは凄く不安になる
 13.複数のメールアドレスを持っている
 14.プロフ(出会い系サイト)で知り合った人は10人以上いる
 15.プロフ(出会い系サイト)で知り合った人と実際にあったことがある
 16.デコ電にしている(ケータイにデコレーションしている)
 17.人に見られないようにキー操作ロックしている
 18.最新の着うた、着メロは必ずダウンロードする
 19.携帯料金は定額制にしているが実際の利用料金は10万を超える
 20.ケータイの着うた、着メロは使い分けしている
 21.相手にメールをして5分たっても返信がなければイライラしてくる
 22.ケータイゲームにはまっている
 23.自分のプロフを持っている
 24.自分のホームページを持っている
 25.ケータイ小説をよく読む

何個あてはまりまいたか?

0~1
    ケータイ依存度0パーセント

2~5
    ケータイ依存度50パーセント

6~10
    ケータイ依存度70パーセント

11~15
    ケータイ依存度80パーセント

16~20
    ケータイ依存度90パーセント
     あなたは、完全なケータイ依存です。
     危険な状態とも言えます。

21~25
    ケータイ依存度100パーセント
     あなたは私生活に明らかに悪影響が出ているケータイ依存です。
     このままではあなたはケータイに支配されてしまいます。


投稿者 yasukawa : 09:25

2009年05月22日

フィルタリングをかけない子どもは・・・

 フィルタリングをかけていない子どもは、家庭でも親を騙して納得させるのがうまく、 親も子どもに対して言うべきことが言えないことが多いです。

ケータイ依存の子どものほとんどはフィルタリングをかけていません。

ご飯を食べるときもケータイを持ったまま、

お風呂場にもケータイを持ち込み、ケータイに夢中になり毎晩2時、3時まで起きている・・・家庭の中でも会話が少なくなり、親の話に耳を傾けなくなります。

当然、しっかりとした子育てが出来てないわけですから、トラブルにも巻き込まれやすくなります。

投稿者 yasukawa : 09:25

2009年05月21日

フィルタリングを外す親

 子どものフィルタリングを外す親は、よく次のようなことを言います。

「私は子どもを信じていますから」「フィルタリングをかけても子どもをまもることができません」

子どもは自分の都合の悪いことは一切話さず、自分にとって都合のいいことを脚色して親に話します。

子どもの言葉を鵜呑みにした親は、フィルタリングなんて必要ないと思い込むのです。

最近は友だち親子が増え、子どもから嫌われても子どもを守るためにフィルタリングをかけるという親が減っています。

それよりも子どもから理解がある親だと思われたいのです。

中には子どもが暴言をはき、怖くてフィルタリングを外す親もいます。

結局はしっかりとした子育てが出来ていないことが招いた結果と言えます。

投稿者 yasukawa : 09:24

2009年05月20日

フィルタリングはなぜ必要?

 以前のように有害図書の自動販売機は、街を歩いていても見なくなりました。

未成年にとって有害だからです。

ケータイにフィルタリングをかけなければ、無修正のポルノがいつでも親の目を盗んで見れてしまうのです。

性欲は押させるのが難しいです。

特に思春期になると興味が特に強くなってしまいます。

人は歯止めをかけてくれる人がいなければ、ドンドン深みにはまってしまいます。

さらに、グロテスク、殺人、出会い系など様々な子どもたちにとって明らかに有害なものがあふれています。

未成年は、まだ未熟で大人たちが守っていかなければなりません。

フィルタリングをかけることは、子どもを守る上でも重要なことなのです。

投稿者 yasukawa : 09:22

2009年05月19日

フィルタリングの誤解

フィルタリングをかけると、

 ①音楽や着うた、着メロがダウンロードできなくなる。

 ②マックなどのクーポンが手に入らなくなる。

 ③進学情報のサイトが見れなくなる。

 ④芸能人のブログが見れなくなる。

 ⑤友達のHPが見れなくなる。

 ⑥プロフができなくなる。

 などと親に駄々をこねてフィルタリングを外してもらおうとする子どもたちが増えています。

 実際は、①音楽や着うた、着メロは、ブラックリスト方式のフィルタリングではダウンロードすることができます。

(著作権に違法したもののみがアクセス制限がかかります)

 ②クーポン類は手に入ります。
(ただし、雑誌などのQRコードからは入れない場合がありますので、そのような場合は直接HPから入ってください)

 ③進学情報のサイトは見ることができます

 ④⑤は見られなく。(ただしドコモの場合は、親が許可したサイトに関しては、フィルタリングをかけても見れるようにできます)

 ⑥EMAの審査を通ったプロフィールサイトは見ることができます。

投稿者 yasukawa : 09:35

2009年05月18日

フィルタリング

 ケータイのフィルタリングには、

ホワイトリスト方式とブラックリスト方式があります。


 ホワイトリスト方式は、子どもにとって安全なサイト(公式サイト)のみが

見れる方式です。

 ブラックリスト方式は、出会い系サイト、グロテスク、アダルトなど

子どもにとって有害なカテゴリーへのアクセスを制限する方式です。

投稿者 yasukawa : 09:39

2009年05月15日

発達障害

 高機能広汎性発達障害はIQがボーダー以上(80以上)の、

高機能広汎性発達障害.主にアスペルガー。

高機能自閉症がこれにあたります。

レット障害は、

女児のみに起こる進行性の神経疾患で、知能や言語・運動能力が遅れ、

常に手をもむような動作や、手をたたいたり、手を口に入れたりなどの

動作を繰り返すことを特徴としています。

小児崩性障害は、2歳までは正常発達であったのが、

ある時期から激しい発達の退行を示し、

自閉症に似た行動特徴を併せ持ちます。

投稿者 yasukawa : 09:11

2009年05月14日

非定型自閉症

 自閉性障害・アスペルガー障害の基準を満たしていないが、

自閉的特徴がある時に、非定型自閉症と診断されることもあります。

今まで自閉傾向があると言われたお子さんなどが、

非定型自閉症と診断されることがあります。

投稿者 yasukawa : 09:11

2009年05月13日

広汎性発達障害

 自閉症

次にあげる3つの症状が3歳以前にみられると自閉症と診断されます。

 (1)対人関係の障害

 (2)コミュニケーションの障害

 (3)象徴的・想像的活動の障害と限定された興味、
                    反復的常同的な行動(こだわり)

投稿者 yasukawa : 09:09

2009年05月12日

LD(2)

 先生の話が聞き取れなかったり、友達の話も聞き取れないこともあり、

対人関係にも影響がでることがあります。

脳に小さな障害があることが原因ではないかといわれていますが、

原因はまだ解かっていません。

自分の子どもがLDかどうか不安な場合は、軽度発達障害に詳しい

専門機関・医療機関で一度診てもらったほうが良いでしょう。

投稿者 yasukawa : 09:08

2009年05月11日

LD(学習障害)(1)

読む、書く、話す、聞く、計算、推論などの

特定の能力の習得と使用に著しい困難を示すのがLDです。

また、行動の自己調整、対人関係などにおける問題が

学習障害に伴なう形であらわれることもあります。

投稿者 yasukawa : 09:07

2009年05月08日

ADHD(4)

 気持ちのコントロールが苦手なので気分にムラがあります。

また、じっとしていることができないので長く待つことができません。

(ディズニーランドに行って並んで乗り物に乗ることができない・・・etc)

また時間感覚がないといった特徴もあります。

投稿者 yasukawa : 09:04

2009年05月07日

ADHD(3)

 冒険や危険なことが大好きです。

また、急に注意を集中させることがあります。

とくに、興味のあることに対しては完全に没頭することがあります。

親や先生がビックリして慌てふためくことを突然口走ることが多く、

目を離すと何をしだすかわからないので十分注意が必要です。

投稿者 yasukawa : 09:04

2009年05月01日

ADHD(2)

 ADHDの特徴には次のようなこともあげられます。

失敗をとりつくろうために、とっさにほらを吹いたり、信じられないような説明をする。

毎日遅刻の連続で、約束そのものを忘れてしまうことも多い。

学校では授業に集中していないと先生に叱られ、家でも同じように叱られることが多い。

また、てきばき行動できないので周りをイライラさせます。

投稿者 yasukawa : 09:03

ページのTOPへ戻る