ホーム

プロフィール

活動情報

ネットいじめ

事例紹介

心理テスト

お問い合わせ

リンク

ブログ

« 2008年09月 | メイン |2008年11月 »

2008年10月31日

フィルタリング(3)

 現在のフィルタリングが万能かというと、やはりまったくそうとは言えません。

例えば、自殺サイトも自殺予防サイトも同じものと判断してしまいます。
確かに、小学校1年生と高校3年生が同じフィルタリングなのも疑問です。
しかし、高校を卒業して、初めてフィルタリングを外すと危険か?と言うと、それも当てはまりません。

子どもたちはすぐに順応する力があります。
タバコやお酒、パチンコ、アダルトはいきなりは危ないから学生から徐々に慣らしていきますか?そんなことをすると大変です。

投稿者 yasukawa : 09:53

2008年10月30日

フィルタリング(2)

 子どものケータイにフィルタリングをかけない親、無関心な親もいます。

 「私は子どもを信じていますから」
 「フィルタリングをかけても子どもは守れません」
などと言う親もいます。

中にはフィルタリングをかけたが子どもが、怒って親と口を聞かなくなりしかたなく外したケースもあります。
子どもの顔色をうかがい、子どもの嘘に簡単に騙される。子どもを危険から守っていくのは親の役目です。

フィルタリングどうのこうのより先に親子関係に問題ありですが。

投稿者 yasukawa : 09:51

2008年10月29日

フィルタリング(1)

ケータイをネット代わりに使っているのは日本人くらいです。

親になぜ、ケータイを持たせるのかと聞くと
 「防犯のため」
 「何かあったときに連絡が取れないと不安だから」
と言います。

韓国では法律で未成年の持つケータイにフィルタリングをつけることを義務づけています。
親として子どものケータイにフィルタリングをかけるのは当然のことなのです。

投稿者 yasukawa : 09:40

2008年10月28日

恐喝メール

 出会い系サイト、アダルトサイトを見た後に、恐喝のメールが送られるケースが多発しています。

「無料期間は終了しています。今月の利用料金は5万円となります」
「期日までに入金が確認できない場合、
  ご自宅に回収に伺わせていただきます」

 などのメールが届き、裁判になると脅したり、延滞金が1日○○○○円と脅したり・・・。
親にバレたらまずいと思いひとりで悩んでいる子もいます。
フィルタリングと迷惑メールの拒否設定をしっかりすれば、こんなことに悩まなくてすむのです。

子どもを危険な目にあわせないためにも親の義務を果してください。

投稿者 yasukawa : 09:38

2008年10月27日

ケータイ小説

 ケータイ小説にはまっている中・高生が沢山います。

そのほとんどが生徒同士の恋愛物や先生と生徒の禁断の恋愛物です。
妄想の産物と言ってよいかもしれません。
個人的に妄想小説を書いて友達と回し読みするなら、大きなトラブルはありませんが、ケータイ小説は大多数の目にさらされるので大問題に発展するケースが多いです。
例えば、実在する学校名(その学校と一字違いだが明らかにその学校だとわかる表現)や、登場人物に実在の先生名や生徒名が出てきた場合、明らかにプライバシーの侵害になり法的に訴えられる可能性もあります。
特に先生と生徒が恋に落ちる物語は、先生、生徒の両者から訴えられる可能性があります。

投稿者 yasukawa : 09:35

2008年10月24日

ブログ

 子どもたちのブログは学校名や名前、個人の写真、自宅のまわりの風景など色々書かれています。

1日のブログからは読み取れなくても、すべてを総合すると、自宅の住所、家族構成、仲のいい友達、通っている学校、飼っているペットや、その名前、食べ物の好き嫌いまでもが、ばれてしまうのです。

ブログは誰が読んでいるかわかりません。

いつあなたに魔の手が忍び寄るかわからないのです。

投稿者 yasukawa : 09:27

2008年10月23日

闇サイト(6)

 日本の法律では、犯罪の依頼や請負の書き込みそのものを取り締まることはできないのです。

闇サイトの犯罪は全国で後を絶ちません。
闇サイトは「闇の職業安定所」「裏の求人情報」などと呼ばれ、ケータイやパソコンから誰でも簡単にアクセスできます。
「高額報酬 日当3万以上」「殺◯、誘◯、10~、即可能」などの誘い文句が並んでいます。
おたがいの氏名など個人情報は一切知られずに商談が可能なので、おたがいに偽名を名乗り、他のメンバーの事を全く知らないということも多いのです。
この匿名性により仮面をかぶった犯罪行為が蔓延しているのです。

闇サイトは閉鎖と新設を繰り返し、実際に重大な犯罪に悪用されるケースがかなりあります。

投稿者 yasukawa : 09:31

2008年10月22日

闇サイト(5)

 「援交窃盗団」を闇サイトで募集し、女子中学生が参加者となったケースもあります。

援交窃盗団とは、少女から援助交際の誘いに応じた男性が風呂に入っている間に、現金、クレジットカード、免許証、携帯電話などを盗んで逃げるというものです。
闇サイトに「16歳ぐらいの女性、仕事あります」「部屋を用意します」と書き込んで家出少女を集め、犯罪に協力させる手口です。
被害に遭った男性も未成年に手をだす犯罪を犯しているので、被害届けを出せない状況を作るのです。

窃盗、強盗、死体遺棄など闇サイトが犯罪の仲間集めに使われ、卑劣な殺人事件まで起きているのです。

投稿者 yasukawa : 09:30

2008年10月21日

闇サイト(4)

 匿名で応募ができるネット上のの求人サイト、「闇の職業安定所」で少女らを募集して、売春契約を結ばせる。などのケースもあります。

「高収入、大人の付き合い」
 などと宣伝し、
「高校生コース」や「中学生コース」
 を作り、
応募してきた少女らに売春先を紹介すると言う手口です。

投稿者 yasukawa : 09:29

2008年10月20日

闇サイト(3)

 闇サイトの運営者の目的は、広告収入で、闇サイト内で何がおころうと無関心な人が多いように思われます。

闇の職業安定所は、広告料を取ることで成立する無料職業紹介の新しいビジネスモデルにもなっています。
インターネットというメディアは新たな世界を生み出しましたが、多くの負の側面も同時に生み出しました。
闇サイトを通じて多くの凄惨な殺人事件が起きています。
ネットの自由について考え直さなければ取り返しがつかない事態に陥る可能性があります。

表現の自由といいますが、他人に悪影響を与える自由を守るという考えは変えていかなければならないのです。

投稿者 yasukawa : 09:28

2008年10月17日

闇サイト(2)

 犯罪仲間に誘われても、面と向かって誘われたら間違いなく断ることができます。

しかし、ネット上だと現実的な考えができないので安易に誘いに乗ってしまうケースが多いのです。

投稿者 yasukawa : 09:27

2008年10月16日

闇サイト(1)

 闇サイトとは、犯罪につながるサイトのことです。

殺人、暴行、レイプといった犯罪仲間を募るもの、自殺サイト、拳銃や麻薬の売買、個人情報や金融関係データの売買、ウイルス、スパイウェアの提供などがあります。

犯罪性の高いものほど短期間で閉鎖するので、足がつきにくくなっています。

投稿者 yasukawa : 09:23

2008年10月15日

懸賞サイト(2)

 懸賞サイトの提携している出会い系サイトの多くは有料ポイント制のシステムを採用していて、入会時は無料でポイントもらえますが、送られてきたメールを読んだり、メールを送ったりするとポイントが減っていき、いつの間にか高額の請求が来るようになります。

更にどれに当選したかは、いつの間にか、うらむやになりわからない状態になってしまいます。

懸賞サイトで、あるサイトに登録するだけで高額をもらえるものもありますが闇金のケースがかなりあります。

また懸賞サイトに登録すると様々な業者に情報が流出する危険性もあります。

登録しただけで100万円もらえるような甘い話はないのです。

投稿者 yasukawa : 09:52

2008年10月14日

懸賞サイト(1)

 懸賞サイトは出会い系サイトと提携して運営しているケースがかなりあります。

その手口は「同時登録」です。懸賞サイトに応募するとほぼ100%当選メールが届きます。

賞品や賞金は、現金100万円、液晶テレビ、海外旅行など、豪華商品ばかりですが、この当選メールを受け取った時点では何が当たっているのは、わかりません。

当選商品を確認するには出会い系サイトに無料会員登録しなければなりません。

投稿者 yasukawa : 09:51

2008年10月10日

退会できない出会い系サイト(3)

 出会い系サイトによっては退会するメニューがわかりずらい所にあったり、退会をさせない場合もあります。退会処理の方法の記載すらない場合もあります。

退会を遅らせる、または、退会手続きを受け付けない事により利用料金は請求され続けます。

自動的にメールが送られ受信もしくは読むだけで料金が発生したり、利用していなくても時間とともにポイントを減らし料金を請求するケースもあります。

料金を支払わなかった場合、毎日数千円の延滞金を加算していくなどのケースも目立ちます。

投稿者 yasukawa : 09:50

2008年10月09日

退会できない出会い系サイト(2)

 退会する為のフォームが作動しなかったり、退会完了までに一定時間を要し、その間も利用料金が発生するケースもあります。

退会ページだけ英文で書かれている。

中には退会のページがないなどの出会い系サイトもあります。

退会メールを返信しても自動メールが返され退会を拒否されたり、利用規約の退会手続きに従っても退会できない。など様々な方法で退会させずにお金を取り続ける出会い系サイトが多発しています。

投稿者 yasukawa : 09:49

2008年10月08日

退会できない出会い系サイト(1)

 出会い系サイトを退会したいけれどもできないということがよくあります。

これは悪徳業者が使う手法です。

一定期間だけ無料で利用させ、その後、無料期間を過ぎると有料ポイント制や月額固定料金のシステムにかわります。

有料になる直前に退会したくても退会手続きができない仕組みになっています。

投稿者 yasukawa : 09:49

2008年10月07日

スパンメール(3)

 送信者:知香

 件名:はじめましてぇ♪

 内容:はじめましてぇ♪
     突然メールm(_ _)m。友達の田中くんから
     あなたのメルアドを聞いてメルしちゃいましたぁ。
     迷惑でなかったらメル友になってほしいなぁ~!
     返信まってま~す☆


今は、このように普通のメールを装い出会い系サイトへ登録させる方法が広がっています。

返信を送ると凄い勢いでメールが来ます!

メールのやり取りの中でホームページアドレスが出て来て出会い系に誘い込む手口です。

投稿者 yasukawa : 09:46

2008年10月06日

スパンメール(2)

 スパンメールに返信すると大量のメール返信がきます。

これはプログラムで自動返信されているからです。

少し前はメールにホームページを貼り付け出会い系サイトへ流すといった手法が目立ちましたが、今は出会いのサクラと同じ方法で迷惑メールが飛び交っていますその手口とは・・・。

投稿者 yasukawa : 09:46

2008年10月03日

スパムメール(1)

 スパムメールとは営利目的のメールを無差別に大量配信することを指します。

最近では5000兆通りのアルファベットと数字の組み合わせにランダムに送ったり業者から大量に仕入れたりして送られて来ます。

投稿者 yasukawa : 09:38

2008年10月02日

出会い系サイト

 完全無料の言葉がほとんどの出会い系サイトにありますがほとんどすべてが罠です。

完全無料といいながらポイント制だったり月会費がかかったりするのです。

完全無料とは入会費、年間費、システム料、又は女性は完全無料などの意味で決してすべての機能、メールのやり取りなどが完全無料という意味ではないのです。

出会いサイトの料金システムは、多くの場合有料ポイント制で男性をターゲットにポイントを買わせたり有料サイトへ同時登録したり、個人情報の収集などを目的としています。


投稿者 yasukawa : 08:38

2008年10月01日

ワンクリック詐欺

 入場ボタンや認証ボタンをクリックしたり、ページを移動するだけで有料コンテンツに入会させられてしまう詐欺をワンクリック詐欺と言います。

アダルトサイトや出会い系サイトが多いのですが情報系のサイトなども危険です。

投稿者 yasukawa : 09:33

ページのTOPへ戻る