ホーム

プロフィール

活動情報

ネットいじめ

事例紹介

心理テスト

お問い合わせ

リンク

ブログ

メイン |2006年07月 »

2006年06月27日

「ひきこもり」と「統合失調症」

 統合失調症の初期症状で、お風呂に入らなくなったり、着替えをしなくなったり、退行がおこったり、強迫神経症(いくら手洗いをしても汚い気がして何時間も手を洗い続けたり、戸締りやガスの栓を締めても何度も確認するなど)と見られる状態が続くことがあります。
 これは、ひきこもりの子どもにも見られる症状ですので、すぐに統合失調症だと決めつけるのは大変危険です。
 統合失調症の場合、次のような陽性症状が出てきた時は、まず、家族相談で、親が精神科に相談に行って下さい。

〜統合失調症の陽性反応〜
 正常な人には見えないものが見えたり、正常な人には聞こえない声が聞こえたり、明らかにありえない考えを正しいと信じ込んだり、奇怪な格好や空笑をしたり、支離滅裂な言葉、不可解な返答をくり返したり、自分の意思ではなく誰かにあやつられている・・・などです。

 心配なことがあれば、心理療法カウンセリング講座にぜひ参加して、相談して下さい。(相談料は無料です。)

投稿者 yasukawa : 17:06

2006年06月21日

「家族だけで悩まないで」

6月18日(日)の札幌で開催したカウンセリング講座は、300名を越える参加者にご出席いただきました。遠くは富山から、そして北海道全域からも講座を聞きにきてくださり、大変ありがたく思います。
講座終了後も、たくさんの方からの個別相談の希望がありました。あまり相談の時間が取れなかったことをお詫びします。
次回は10月にありますので、北海道の方は是非また参加の方をお願い致します。講座の模様は、当日のHTBのニュースでも報道されました。家族でいろいろな心配事というのは家族だけで悩んでいても一向に解決策はみつかりません。思い切ってカウンセラーに相談することによって、今まで抱えていた悩みが、うそのように解決してしまうケースも少なくありません。
是非、全国webカウンセリング協議会にも一度相談をしてみてください。

投稿者 yasukawa : 11:39

2006年06月15日

「親の思い」と「子どもの思い」

「親にわかってもらいたい」と言う気持ちの裏返しとして、子どもは「おかあさんになんてわからない」と叫んだり、物に当たったりすることがよくあります。これはまさに「親にわかってほしい」と言う子どもからのサインです。それを理解せずに、親がイライラしたり、親自身が精神不安定になり、もしくは、無視などすると、緊張の糸はますます張り詰めてしまいます。親が一歩引いて、子どもの訴えに黙って耳を傾けることで、子どもの心は少しずつほぐれてきます。解決を急ぐと泥沼にはまってしまうことになります。親が心にゆとりを持って、子どもの立場になり、無理に解決を急がないことが、逆に早期解決につながります。

投稿者 yasukawa : 15:06

2006年06月13日

カウンセリング講座

6月10日は千葉でカウンセリング講座を実施しました。満席で大変活気がありました。6月17日は町田、6月18日は札幌で講座があります。詳しいことは、03−3535−0511に問い合わせしてください。不登校・ひきこもりは、必ず解決できますが、魔法をかけているわけではないので、100%別人になるわけではありません。自分中心にしか物事を考えることが出来なかったり、融通性が欠落していたり、考え方が極端だったり・・・しかし、人間には必ず、人よりも優れている面があります。それが、周りに認められた時に自信が膨れ上がり、マイナス面よりもプラス面が前面にでて、別人になったように見えるのです。子どものよい面を引き出すことが出来るのは、子どもの一番身近な存在である「親」なのです。

投稿者 yasukawa : 08:47

2006年06月09日

ひきこもりと病気の境目は?

ひきこもりの期間が長くなってくると、様々な病的な症状が出てくるこが、かなりありますが、病的な症状を改善しても、根本的な原因を何とかしなければ、ひきこもり脱出にはつながりません。全国から多くの不登校・ひきこもりの相談を受けますが、ほぼすべてのケースが解決しています。一歩、踏み出す勇気が解決につながります。全国で心理療法カウンセリング講座を実施していますので、是非、一度参加してみてください。詳しい日程は全国webカウンセリング協議会 電話03−3535−0511に問いあわせの上、確認お願いします。 人は考えかた、とらえ方が良い方向に変われば、必ず、様々な問題が解決し、困難を乗り越えていくことが出来ます。親自身が変なプライドやこだわりを捨て変わっていきましょう。それが、問題解決のスタートラインです。解決方法は必ずあります。家族で笑い会える日は必ず取り戻せます。子どもへの愛情と、問題を解決させるという信念を絶やさずに、焦らずに1歩ずつ進んで行きましょう。

投稿者 yasukawa : 08:48

ページのTOPへ戻る